追跡可能な暗号化ソフト

機密情報を送信したり、販売業などで個人情報を取り扱う場合、他に漏えいしないようにかなりの神経を使わないといけません。
パスワードでブロックしたり、暗号化ソフトを使って送信を行います。
しかし、送信した後の書類の行方は気になります。
いくらこちらが神経質に取り扱っていても先方がそうでない場合は困ります。
また退職者によるライバル社への機密情報の漏えいは、防ぐのが難しい問題です。
しかし、FinalCodeのソフトを使うとその憂いを晴らすことができます。
こちらそのソフトはパスワードを使わないファイルの暗号化を実現しました。
パスワードで制限するのでなく、送信先を限定してそこ以外では見ることができないようにしたのです。
こうすることで、データを送信後、他への転送を防ぐことができます。
また、このソフトの利点は追跡が可能ということです。
もし、送付先で情報が故意に漏えいされそうになったり、退職者が無断で持ち出した場合など追跡をしてこちらから遠隔操作で削除することが可能なのです。
削除が可能であれば、万が一個人情報が流出するような事態に陥っても被害を抑えることができます。
これからの時代、インターネットは必要不可欠なものになっています。
だからこそ、セキュリティには万全を期したほうがいいでしょう。
FinalCodeは情報を守るとても心強いソフトだと思いますよ。

>