後遺障害の等級の再認定をしたい方へ

交通事故にあってしまった時に、その時は軽いけがで済んだと思っていても、数日から数ヶ月も経った後にいろんな症状が出てきてしまうことがあります。
例えば、首のあたりに痛みが出てきてしまったり、事故に遭遇した時の記憶が何かのきっかけでよみがえってくるフラッシュバックに悩まされたり、といったことが挙げられます。
また、後遺障害の認定はされたものの、認定の等級に疑問を感じている方も少なくありません。

そのようなときに便利なのが、交通事故の後遺障害の異議申立に特化したサイトです。
なぜ誤った認定がされてしまうのか、なぜ賠償金額が低くなってしまうのか、など、後遺障害に関する詳しい説明がわかりやすい言葉で紹介されています。
また、専門弁護士によるサポートの必要性にも、詳しく触れています。

例えば、交通事故にあった場合、ほとんどの人がその手続きを保険会社に任せてしまいます。
しかし、加害者側の任意保険会社に全て任せてしまうと、後遺障害の認定に必要な提出書類などの資料は保険会社が代行して集めてくれるので手間が省ける反面、被害者にとっては利益のない資料まで提出される可能性もあります。
そのような資料で認定された後遺障害等級では、満足のいかない認定結果になってしまうのも無理はありません。
そのような時は、個人でも異議申し立ては出来ますが、やはり弁護士など専門家に相談してみるのがよいでしょう。


>